歯科医師国家試験の技能

歯科医師国家試験の技能

歯科医師国家試験の技能 歯科医師国家試験はすべて筆記で行われるため、技能が直接求められることはありません。ただし、歯科医師法の第9条において歯科医師として必要な知識及び技能を具有しているかどうかを審査することが国家試験の目的だと明らかにしていることから、制度上技量も求められているということはいえるでしょう。歯科医師国家試験の問題数は2018(平成30)年に実施された第111回試験から360問になりましたが、その中には大学で習得した技術が解答に役立つ問題がいくつか存在する可能性があるので、技術を磨くに越したことはありません。
歯科医師国家試験では過去に実技試験や臨床実地試験の導入が提案され、検討されたことがありましたが、実現にあたって様々な問題点が見つかったことから今日までこれらの試験は導入されていません。しかし、研究等によって受験者の歯科医師として必要な技量の評価手法が考案されれば、再度検討されて歯科医師国家試験に組み込まれる可能性はあるので、試験に関する情報はこまめにチェックしておきましょう。

歯科医師国家試験の必修で合格するための対策とは?

歯科医師国家試験の必修で合格するための対策とは? 歯科医師国家試験においては、一般問題よりも必修のほうがずっと難しいと言われています。この分野で合格するために行うことができる対策は、一言で言えば必要な情報をしっかりと頭にインプットさせ正確に記憶しておくことでしょう。逆に言えば、情報をしっかりと頭にインプットしていなければ、歯科医師国家試験の前にどれだけ時間をかけて勉強したとしても決して合格には至らないということです。加えて、実際の歯科医師国家試験では、インプットした情報をきちんとアウトアップしなければなりません。
この点、マーク形式で行われる歯科医師国家試験では、仮に正確な答えが分からない問題があったとしても間違った選択肢さえ分かれば、あとは除去法で正しい回答に至ることができる問題も多いと言われています。ところが必修の場合は全く異なっており、他の問題では挽回したり補ったりすることができません。やはり必要な情報を徹底的にインプットするような勉強法がどうしても必要なのです。