国家試験合格のカギ

国家試験合格のカギ

国家試験合格のカギ 歯科医師国家試験が年々難しくなってきています。せっかく6年間大学の歯学部で勉強を続けても、最後の最後で国家試験に合格しなければ今までの苦労が水の泡になってしまいます。毎年数多くの歯学部を卒業した学生が歯科医師国家試験を受験しますが、中には不合格となり歯科医師免許が取得出来なかったという学生も、決して少なくはありません。
歯科医師国家試験に合格する秘訣は、どれだけ繰り返して過去問を解くか、ということにあるということを覚えておいてください。確かに歯学部は卒業するだけでも大変なので、なかなか時間は取れないかもしれませんが、過去問を何度も繰り返して解くことで出題傾向がはっきりとわかり、自分のウイークポイントも浮き彫りとなってくるはずです。通学電車の中や講義の間の休み時間などの隙間時間を有効に活用して、過去に出た問題を何度も解いてみてはいかがでしょうか。試験の様式にも慣れ、本番でも必要以上に緊張することもないでしょう。

近年は難易度が高くなる傾向

近年は難易度が高くなる傾向 歯科医師国家試験は歯科医師を営むために必要な資格を得るための試験ですが、近年非常にその試験問題の内容が難解になっている傾向があります。これは近年その治療方法が非常に複雑になっていることや、インプラントのように口腔外科などの要素も入ってきていることからより高度な知識と技術を必要としているためです。
歯科医師国家試験は従来は選択問題だけで試験の内容が成り立っていたため、比較的正当な知識があれば短時間で答えることができるものでしたが、近年では計算問題も含まれるようになっており、高い理解力を必要とするものへと変化しています。逆に二択などの比較的単純な問題が減り、選択問題もその選択肢が非常に多いものとなっている傾向があるのです。全体的に問題数が増えていることや、近年非常に多くなっている小児虐待への対応要領や、放射線の影響等の新たな課題も盛り込まれるようになっており、歯科医師国家試験は医学に関する全般的な知識を必要とするようになっているのです。